“色々なエドワーズ、リチャードを探せ!”

エドワーズ空軍基地

エドワーズ空軍基地(Edwards Air Force Base)は、アメリカ合衆国のカリフォルニア州の東部にあるアメリカ空軍の基地である。モハーヴェ砂漠のロジャース乾湖(ミューロック乾湖)に作られている。さまざまな機体のテスト飛行が行われる航空機開発の拠点として知られ、スペースシャトルの帰還時にケネディ宇宙センターへの帰還が困難なときには同基地に帰還することで知られている。

概要

1933年に開設された、おもに航空機の開発・研究・調査を行う基地である。元々の基地の名称は、ミューロック陸軍飛行場(Muroc Army Air Field)であったが、テスト飛行中に事故死したグレン・W.エドワーズ(Glen.W.Edwards)に由来して、1950年に改称された。空軍の飛行試験センター(AFFTC)やアメリカ空軍テストパイロット学校、NASAのドライデン飛行研究センターなどが所在する。

フライト・テストの聖地として知られ、過去に多くの著名な実験が行われた。

航空管制

GND 121.800 225.400
TWR 120.700 318.100 353.600
SPORT APP/DEP 132.750 343.700
NASA FLT OPS 135.825 373.150
PMSV MET 342.400
COMMAND POST 304.000
PTD 372.200
ATIS 269.900

航空灯台

局名 種別 識別信号 周波数
EDWARDS VORTAC EDW 116.400
周波数の単位は、MHz